メドレック ストップ安、第三者割当で新株18万株と新株予約権232万個発行、発行済総数の24%で希薄化懸念(訂正)/新興市場スナップショット

2019年2月12日 14:09

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:09JST <4586> メドレック 445 -100
株価を追加で記載します。

ストップ安。第三者割当で新株及び新株予約権を発行すると発表している。新株は18万株、新株予約権は232万個(潜在株式数232万株)。調達資金の約12.7億円は、帯状疱疹後の神経疼痛治療薬(リドカインテープ剤)の安全性等を確認するための臨床試験及びその付帯費用などに充当する。新株と潜在株式数合計の250万株は8日現在の発行済株式総数(1021万4100株)の24.48%に相当し、株式価値の希薄化懸念で売られている。《US》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 画像はイメージです。
  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース