サンコーテクノ 3Qは営業利益が21.4%増、ファスニング事業が堅調に推移し増収増益

2019年2月12日 13:51

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:51JST サンコーテクノ---3Qは営業利益が21.4%増、ファスニング事業が堅調に推移し増収増益
サンコーテクノ<3435>は8日、2019年3月期第3四半期(18年4-12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比4.1%増の121.54億円、営業利益が同21.4%増の9.07億円、経常利益が同21.0%増の9.15億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同26.0%増の6.31億円となった。

ファスニング事業では、各種設備工事等の需要は、民間工事においては増加したものの、公共工事においては前年を下回る水準で推移しており、主力製品である金属系あと施工アンカーの販売は微増となった。また、耐震工事等の減少により低迷していた接着系あと施工アンカーの販売が底打ちしたほか、土木関連を中心に、完成工事高が増加したことなどから、総じて堅調に推移した。この結果、セグメントの売上高は98.79億円(前年同期比8.3%増)、セグメント利益は13.08億円(同13.8%増)となった。

機能材事業は、電動油圧工具関連の販売が、国内を中心に好調に推移した。一方、電子基板関連が前年並みで推移したほか、アルコール検知器の販売が減少した。FRPシート関連は、二重床や防水樹脂の材料販売を終了したことにより減少した。

2019年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比2.9%増の168.00億円、営業利益が同3.5%増の12.00億円、経常利益が同4.1増の12.10億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同4.8%増の8.35億円とする期初計画を据え置いている。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース