後場の日経平均は489円高でスタート、太陽誘電や東海カーボンが2ケタの上昇

2019年2月12日 13:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20822.64;+489.47TOPIX;1572.64;+33.24

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比489.47円高の20822.64円と前引けから上げ幅を拡大して取引を開始した。午前の日経平均は3日ぶり大幅反発。225先物はランチタイムにかけて20720円-20820円のレンジで推移し、円相場は1ドル110円60銭付近で朝方よりも円安方向で推移している。アジア株も堅調に推移。この流れから、後場の日経平均は前引け時点から上げ幅を拡げて寄り付く形となった。その後も、前日比500円を超える上げ幅での推移となっており、先週末の大幅な下落分を埋めて、先週6日の終値20874円水準に迫る展開となっている。

 業種別では、機械、繊維製品、保険業、化学、倉庫・運輸関連業、輸送用機器などを筆頭にほぼ全業種がプラスで推移している一方、石油・石炭製品、不動産業がマイナスで推移している。売買代金上位では、太陽誘電<6976>、ルネサスエレクトロニクス<6723>、東海カーボン<5301>、ZOZO<3092>、昭和電工<4004>が2ケタの上昇なっているほか、SUMCO<3436>、SMC<6273>、村田製作所<6981>、ファナック<6954>、花王<4452>などがプラスで推移している。一方、JXTGホールディングス<5020>の下落が目立つほか、武田薬品工業<4502>、ソニー<6758>、資生堂<4911>などがさえない動きとなっている。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース