雲下限が抵抗線として意識されるか/日経225・本日の想定レンジ

2019年2月12日 08:01

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:01JST 雲下限が抵抗線として意識されるか
[本日の想定レンジ]

11日は米NYダウが53.22ドル安の25053.11、ナスダック総合指数が9.71pt高の7307.91、シカゴ日経225先物が大阪比160円高の20450円。本日の日経平均は堅調が予想される。前週末8日は下降2日目の5日線を下放れ、ローソク足は陰線を引き、週足では5週ぶりの反落となった。ただ、25日線が上向きを保っていることもあって、スピード調整の範囲内の短期的な下落だったみられ、本日は自律反発が予想される。一目均衡表では、雲下限(本日は20481.57円)が上値抵抗線となりそうだ。遅行線は株価を上回って強気シグナルを発しているが、転換線は下降している。このため、下値では買いが入るものの、上値を買う勢いには乏しい相場が予想される。

[予想レンジ]上限20500円−下限20400円《SK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース