NY株式:NYダウ53ドル安、米中高官協議の再開で見極めムード

2019年2月12日 07:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:00JST NY株式:NYダウ53ドル安、米中高官協議の再開で見極めムード
米国株式相場はまちまち。ダウ平均は53.22ドル安の25053.11、ナスダックは9.71ポイント高の7307.91で取引を終了した。本日は、米中高官協議の再開を受けて、今後の展開を見極めたいとの思惑が広がったほか、15日のつなぎ予算の失効期限を控えて、共和・民主両党の協議が難航しており、政府機関閉鎖への懸念から小動きとなった。セクター別では、運輸や耐久消費財・アパレルが上昇する一方でメディアやテクノロジー・ハード・機器が下落した。

電気自動車のテスラ(TSLA)は、一部アナリストによる投資判断引き上げを受け上昇。レストラン運営のレストラン・ブランズ・インターナショナル(QSR)は、既存店売上高が予想を上振れ堅調推移。一方で、大手行のモルガン・スタンレー(MS)は、企業向け株式報酬プラン管理サービスを手掛けるカナダのソリアム・キャピタルと約9億ドルで買収合意したものの軟調推移。携帯端末のアップル(AAPL)は、市場調査会社IDCによると10-12月期の中国向けiPhone出荷台数が20%減となり小幅下落。

メイ英首相は、欧州連合(EU)離脱に関する報告書を明日にも議会に提出する予定。しかし、離脱後もEUとの関税同盟に残留するという野党・労働党の提案は検討しておらず、引き続き先行きは不透明だ。

Horiko Capital Management LLC《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース