イムラ封筒<3955>のフィスコ二期業績予想

2019年2月11日 20:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*20:00JST イムラ封筒<3955>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2019年1月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

イムラ封筒<3955>

3ヶ月後
予想株価
600円

オーダーメイド封筒を主力に、DMの企画から発送までを行うメーリングサービス、OA機器販売、情報インフラ整備を展開。中計の売上高目標は240億円。19.1期3Q累計はメーリングサービスが足踏みとなった。

19.1期の封筒事業は首都圏での拡大が寄与。メーリングサービスは前期の大口案件が反動も、新規案件獲得進む。100周年記念行事費用を計上。株価は高値圏の推移が続く。創業100周年の記念配当2円実施も支え。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.1期連/F予/23,000/550/620/340/33.01/14.00
20.1期連/F予/24,000/580/650/360/34.98/12.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/01/30
執筆者:NI《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース