大村紙業<3953>のフィスコ二期業績予想

2019年2月11日 19:54

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:54JST 大村紙業<3953>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2019年1月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

大村紙業<3953>

3ヶ月後
予想株価
1,200円

段ボールケースとシートを主力に、ラベルや包装資材も手掛ける。段ボールケースの売上比率は60%超。顧客近くに生産拠点やサービス拠点を持つ。19.3期上期は主力の段ボールケースが伸長も、原紙価格の上昇が影響。

19.3期は段ボールケースの堅調な推移が続く見込みも、原材料価格の上昇が影響。下期に値上げ浸透で持ち直しへ。20.3期は段ボールケース、シートともに堅調な推移が続く。株価は底堅い推移が続く見込み。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期単/F予/5,600/310/310/200/41.66/10.00
20.3期単/F予/5,850/340/340/220/45.83/10.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/01/30
執筆者:NI《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース