山崎賢人、アニメ映画『二ノ国』で声優初挑戦

2019年2月10日 17:57

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

レベルファイブが手掛ける人気RPGゲーム「二ノ国」が劇場版長編アニメーション映画化されることが2月9日、都内で行われたワーナー・ブラザーズ映画、新プロジェクト製作会見で明らかになり、主人公のユウの声を俳優の山崎賢人がつとめることも発表された。写真:山崎賢人

レベルファイブが手掛ける人気RPGゲーム「二ノ国」が劇場版長編アニメーション映画化されることが2月9日、都内で行われたワーナー・ブラザーズ映画、新プロジェクト製作会見で明らかになり、主人公のユウの声を俳優の山崎賢人がつとめることも発表された。写真:山崎賢人[写真拡大]

写真の拡大

 レベルファイブが手掛ける人気RPGゲーム「二ノ国」が劇場版長編アニメーション映画化されることが2月9日、都内で行われたワーナー・ブラザーズ映画、新プロジェクト製作会見で明らかになり、主人公のユウの声を俳優の山崎賢人がつとめることも発表された。

 ・『二ノ国』製作&主演発表会見、その他の写真

 会見には、製作総指揮・原作・脚本を担当するレベルファイブ日野晃博をはじめ、スタジオジブリ出身の百瀬義行監督、ワーナー ブラザース ジャパンのエグゼクティブプロデューサー小岩井宏悦、そして山崎も出席。

 世界的に人気のあるゲームをもとにしているだけに、本作も世界配給を目指すビックプロジェクトとなるが、山崎は「世界に向けて作品を作っていくことは、自分のなかではファンタジー」とまだ実感が湧いていない様子。それでも、百瀬監督をはじめ、音楽を久石譲が担当するなど、そうそうたるメンバーでのプロジェクトに山崎は「このような素敵な方々と一緒に作品を作っていけることは、とても光栄なこと。全力で頑張らなければいけない」と気を引き締めた。

 また、山崎にとっては初めての声優挑戦となるが「小さい頃からアニメが大好きで、声優さんは尊敬していました。遠い世界のような感覚でいましたが、一度、声優の小野友樹さんとお話させていただき、自分の知らない世界にワクワクしたことを覚えています」と語ると「恐れ多いですが、初めての声優が、こんなに素晴らしい方々とご一緒できることに感謝しつつ、一生懸命頑張りたい」と意気込みを語っていた。

 本企画は、ゲームが発売されたときから、10年以上に渡って構想が練られていたというが、日野氏は「ゲームの世界を生かしつつも、ストーリーは全く違うので、新しい形のアプローチになる」と語ると「映像のすごさを含めて、映画として楽しんでいただけたら」と期待を煽っていた。

 アニメーション映画『二ノ国』は2019年夏公開となる。

【関連記事】

 [動画]山崎賢人、サッカークラブで10番背負っていた腕前披露
[動画]山崎賢人、プロデューサーのふりして吉沢亮にウソ電話
レベルファイブ代表取締役社長兼CEOの日野晃博氏が登壇!新作発表会
[動画]川口春奈と山崎賢人が初共演、互いの印象とは?

関連キーワード声優山崎賢人スタジオジブリ小野友樹二ノ国

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース