岡山県警、防犯カメラを分析するAIシステムを導入へ

2019年2月9日 09:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 岡山県警が人工知能(AI)を使ったシステムを捜査に導入することを決めたという(NHK)。

 導入されるのは、防犯カメラ映像を自動分析して容疑者の追跡を行うというシステム。こういったシステムを警察が導入するのは日本で初めてだという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 犯罪 | 人工知能

 関連ストーリー:
AIによる防犯カメラの解析で万引き犯逮捕 2018年12月13日
軽トラックを横転させた15人を特定した捜査手法 2018年12月07日
イギリス警察、AIを使って犯罪を犯す可能性のある人に「危険スコア」を付けるシステムをテスト運用 2018年12月06日
英警察、人工知能による画像捜索システムを開発中。しかし課題も 2017年12月25日
中国・武漢市、顔認証の追加など交通警察AIサービスを強化 2017年11月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード岡山県人工知能(AI)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース