謎の結婚生活や最強ライバルの登場など、波乱の展開に話題集中

2019年2月8日 21:54

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

今年も各地でインフルエンザが猛威を振るい、「流行警報」が出されているところもあるため、不要な外出を控えているという人も多いだろう。写真:『家売るオンナの逆襲』 (C)NTV

今年も各地でインフルエンザが猛威を振るい、「流行警報」が出されているところもあるため、不要な外出を控えているという人も多いだろう。写真:『家売るオンナの逆襲』 (C)NTV[写真拡大]

写真の拡大

 今年も各地でインフルエンザが猛威を振るい、「流行警報」が出されているところもあるため、不要な外出を控えているという人も多いだろう。そんなときは自宅で温まりながらドラマやバラエティなどをのんびりと楽しみたいところだ。そこで、Hulu月間ランキングから話題の番組をピックアップしていきたい。

 ・超絶美女たちの激しすぎる闘いに興奮!

2019年最初の月間ランキングで、栄えある1位に輝いたのは、昨年の1月と同じく『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないシリーズ』。年末年始の番組のなかでは、長年にわたって圧倒的な人気を誇っている。

そして、2位には1月期のドラマで最高位の『3年A組 −今から皆さんは、人質です−』がランクインした。3位の『今日から俺は!!』は昨年を代表する大ヒットドラマのひとつだが、放送終了から1カ月半以上が経過しているにも関わらず、相変わらずその強さは健在のようだ。しばらくは“今日俺ロス”の影響がランキングにも反映されるだろう。

そんななか、今回注目するのは4位の『家売るオンナの逆襲』。2016年7月期に放映された人気ドラマ『家売るオンナ』が、スペシャルドラマ『帰ってきた家売るオンナ』を経て、今回の続編として復活した。「私に売れない家はない」の決め台詞を持つ主人公の三軒家万智は“伝説の不動産屋”。前作に引き続き、北川景子が演じている。そのほか、脇を固めているのは、工藤阿須加や千葉雄大、イモトアヤコといったおなじみのメンバーたち。

そして、今回のみどころは、仲村トオル演じる三軒家万智の夫・屋代課長との謎に包まれた結婚生活や“美しき不動産貴公子”である最強のライバル留守堂謙治の登場。波乱の展開で、前作に引き続き多くのファンを獲得している。今後ますます1月期のドラマ間での戦いが予想されるが、どこまで上位に食い込めるかに期待したいところだ。

そのほか、5位以降は『転生したらスライムだった件』や『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』、『名探偵コナン』といったアニメ作品も多数ランクインし、健闘している。2月のランキングを制するのはどの作品になるのか、まだまだ目が離せない。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 1月の月間ランキング/TVシリーズ】
1位『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないシリーズ』
2位『3年A組 −今から皆さんは、人質です−』
3位『今日から俺は!!』
4位『家売るオンナの逆襲』
5位『転生したらスライムだった件』
6位『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』
7位『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』
8位『名探偵コナン』
9位『ウォーキング・デッド』
10位『ぐるナイ おもしろ荘』

【関連記事】

 ツッパリが子ども達にも大ウケで爆発的人気
超絶美女たちの激しすぎる闘いに興奮!
SNSに潜む危険をドラマ化! 人気YouTuberも出演の注目作品とは?
川口春奈や杉咲花の振り切れ演技が話題も、ランクダウンとなったガキ使

関連キーワード名探偵コナンジョジョの奇妙な冒険北川景子Huluウォーキング・デッド千葉雄大今日から俺は!!転生したらスライムだった件

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース