Firefox 66、音が出る状態でのメディア自動再生をブロック

2019年2月8日 22:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Mozillaは4日、Firefox 66以降ではデフォルトで音が出る状態でのメディア自動再生をブロックする計画を明らかにした(Mozilla HacksThe VergeSlashGear)。

 音が出る状態でのオーディオまたはビデオをHTMLMediaElement API経由で再生する場合、ユーザーがWebページ上をクリック/タッチした場合やキーを押した場合にのみ許可される。ただし、HTMLMediaElementの「muted」属性に「true」がセットされている場合は自動再生も可能だという。一方、ユーザーはWebサイトごとに自動再生を許可することが可能となるほか、ユーザーがカメラ/マイクの使用を許可したWebサイトでも音声の出る状態での自動再生が許可されるため、WebRTCはこれまで通り動作するとのこと。

 Web開発者に対しては、HTMLMediaElement.play()が常に成功すると仮定せず、拒否された場合の処理を追加することが推奨されている。再生がブロックされることを確実に避けるには、再生はclickイベントなどのイベントハンドラー内で実行すべきとのこと。ビデオを自動再生したい場合、ミュートした状態で再生を開始し、ユーザーがミュートを解除できるようにする方法も提示されている。

 Firefox 66は3月19日の一般リリースが予定されている。Android版では既に自動再生ブロック機能が搭載されているが、動作がデスクトップ版と同じになるよう変更される。このほか実装時期は未定だが、2019年中にはWeb Audio APIを使用するコンテンツについても自動再生をブロックする計画とのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | メディア | Firefox | IT

 関連ストーリー:
Windows版Firefox 65、セキュリティソフトウェアによる問題が発生して自動更新を一時中止 2019年02月02日
FirefoxもサードパーティーDLLをブロックへ 2019年01月24日
Firefox 69ではFlashがデフォルトで無効に 2019年01月17日
ポルノサイトにアクセスしようとすると宗教的な音声を再生するページにリダイレクトするフィルタリングツール 2018年11月28日
Firefox 49からFirefox Helloが削除される 2016年08月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidFirefoxMozillaオーディオ

広告