Windows Insider Program、Skip Aheadの受付を再開

2019年2月3日 23:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Windows Insider Programで1月31日、Skip Aheadの受付が再開された。秋の大型アップデートに向けたWindows 10 Insider Previewの19H2ビルドも近く提供開始されるとみられる(Windows Insiderのツイート)。

2017年夏に追加されたSkip AheadはWindows 10 Insider Previewのビルドがリリースブランチに移行して以降、さらに次のバージョンに向けた開発ブランチのビルドを引き続き受け取るためのオプションだ。これまではリリースブランチのビルド提供開始と同時Skip Ahead開発ブランチのビルドが提供されていた。Windows 10 バージョン1809のリリース以降Skip Aheadは閉鎖されていたが、先日リリースブランチのビルド18323(19H1)の提供が始まったため、Skip Aheadの再開も近いとみられていた。

先日までビルド18323ではInsiderの設定に表示される選択肢は「スロー (推奨)」「ファスト」「Release Preview」の3つだったが、現在は「Skip ahead」が追加されている。ビルド18290ではこれまで通り、「スキップして、次回のWindowsリリースを利用」を選択すると「Skip Aheadは現在閉鎖されています。このオプションを選択すると、今後、Windows Insider Programの設定が戻されます」と表示されるが、選択が「ファースト」に戻されることはなかった。 

スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | Windows | デベロッパー

 関連ストーリー:
Windows 10 Insider Preview 19H1、初のリリースブランチビルドが提供開始 2019年01月30日
Windows 10 Insider Preview、初の19H1(RS6)ビルドが提供開始 2018年07月28日
Windows Insider Program、「スロー」リングに意味はあるのか 2018年06月24日
Windows 10 Insider Preview、初のRS5ビルドが提供開始 2018年02月17日
Windows 10 Insider Preview、3日間で2本の新ビルドがリリース 2017年08月27日
Windows Insider Program、Fall Creators Updateを飛ばして次の開発ビルドを受け取る新オプションが追加される 2017年07月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindowsWindows 10

広告