Windows版Firefox 65、セキュリティソフトによる問題で自動更新を一時中止

2019年2月2日 22:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

先日リリースされたFirefox 65でセキュリティソフトウェアによる問題が発生し、MozillaがWindows版の自動更新による提供を一時中止したそうだ(Bug 1523701Softpediaの記事Techdowsの記事)。

この問題はHTTPSページで「安全な接続ではありません」(エラーコード: SEC_ERROR_UNKNOWN_ISSUER)と表示され、アクセスできないというものだ。原因はセキュリティソフトウェアがWebページのSSL証明書を独自のものに置き換えて安全性を確認するHTTPSスキャンなどと呼ばれる機能で、置き換えられたSSL証明書がFirefoxに信頼されないために発生しているようだ。MozillaのBugzillaではAvastとAVGでの発生が報告されており、KasperskyやESETでは発生しなかったとのコメントもみられる。ただし、セキュリティ製品の有無が記載されていない報告もあるため、影響範囲ははっきりしない。

Firefoxヘルプではこの機能を無効にする、サードパーティー製セキュリティ製品を削除してMicrosoftのウイルス対策機能を使用する、セキュリティ製品を再インストールする、といった対策が紹介されているが、再インストールでは解決しなかったというコメントもみられる。Avast社員とみられる人のコメントによれば、AvastとAVGのアップデートでFirefoxでのHTTPSスキャン機能を無効化し、正式な修正も進めているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | セキュリティ | Firefox | バグ | Windows | 暗号

 関連ストーリー:
Firefox 64リリース、シマンテックの証明書が無効に 2018年12月13日
Firefox 65ナイトリービルド版がWebP画像形式に対応 2018年11月23日
主要ブラウザーは2020年にTLS 1.0/1.1を無効化する計画 2018年10月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティMicrosoftWindowsFirefoxMozillaAvastAVGSSLKaspersky

広告