Windows Media Playerのメディア情報取得機能、Windows 7のみ廃止へ

2019年2月1日 16:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 MicrosoftがWindows Media CenterとWindows 7のWindows Media Playerから、メディア情報取得機能を廃止する計画を明らかにした(MicrosoftサポートNeowinBetaNewsWindows Latest)。

 対象となるのはWindows 7/8/8.1のWindows Media CenterおよびWindows 7のWindows Media Player。変更時期は明示されていないが、変更後は音楽のタイトルやアーティスト名、ビデオの出演者や監督名といったメディア情報をインターネットから取得できなくなる。この変更が取得済みのメディア情報に影響することはなく、メディア再生などの主要機能が影響を受けることもないとのこと。

 Microsoftではユーザーのフィードバックや利用状況を検討したうえで、このサービスを廃止することに決めたという。ただし、この変更はWindows 8/8.1/10のWindows Media Playerに影響せず、引き続きメタデータの提供が行われる。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 映画 | インターネット | IT | 音楽 | メディア | テレビ | ソフトウェア | Windows

 関連ストーリー:
ソニーがGracenoteを売却 2013年12月25日
Windows 8では標準ではDVDを再生できない 2012年05月08日
タダ働きありがとう!CDDBのデータ所有権争いが法廷に 2001年05月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 7Windows 8

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース