日経平均テクニカル:反落、5日線下降転換し戻り一服か

2019年1月28日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:反落、5日線下降転換し戻り一服か
28日の日経平均は反落した。ローソク足は陰線を引いたが、先週末25日の安値を割り込むことなく推移し、底堅さを確認した。ただ、5日線が上昇から下降に転じ、目先は値戻しが一服する可能性が出てきた。一目均衡表では、いずれも横ばいだった転換線が上向く一方、基準線は下向きとなり、市場の気迷いが窺える。ただ、遅行線は株価との下方乖離幅を縮小し、弱気シグナルは小さくなった。ボリンジャーバンドでは、高値が+1σを上回ることが出来ず、+1σ付近での戻り売り圧力の強さを再確認した。RSI(9日ベース)は70.50%から54.99%に低下した。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング