蒼井優&竹内結子が『湯を沸かすほどの熱い愛』監督最新作に出演!特報解禁

2019年1月24日 09:06

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞受賞作家・中島京子の同名小説を映画化する『長いお別れ』。写真:『長いお別れ』ティザービジュアル (C) 2019『長いお別れ』製作委員会 

『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞受賞作家・中島京子の同名小説を映画化する『長いお別れ』。写真:『長いお別れ』ティザービジュアル (C) 2019『長いお別れ』製作委員会 [写真拡大]

写真の拡大

 『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞受賞作家・中島京子の同名小説を映画化する『長いお別れ』。この作品に、蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山崎努が出演していることが発表となり、ティザービジュアルと15秒の特報も解禁となった。

 ・『長いお別れ』その他の場面写真

 父・昇平の70歳の誕生日会で、久しぶりに集まった娘たちに告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だった。日に日に記憶を失っていく昇平の様子に戸惑いながらも向き合うことで、自分自身を見つめ直していく家族たち。そしてある日、家族の誰もが忘れかけていた“愛しい思い出”が昇平の中に今も息づいていることを知る。

 蒼井が扮するのは、認知症になった父を取り巻く東(ひがし)家の次女・芙美役。竹内が長女・麻里役、松原が母の曜子役、認知症を患う父の昇平役を、紫綬勲章、旭日小綬賞を受章した名優・山崎が演じる。また、麻里の息子・崇役には、オーディションで抜てきされた蒲田優惟人が扮する。

 解禁となったティザービジュアルは、遊園地のメリーゴーランド前で、東家の記念写真を意識して撮り下ろされたもの。楽しそうな家族たちの中で、認知症により状況がわからず、1人しかめっ面をする父親が印象的な仕上がりになっている。「だいじょうぶ。忘れることは、悲しいだけじゃない。」というコピーからは、認知症を悲しいもの、つらいものとして捉えるのではなく、温かな眼差しをもって描かれていることが伺える。

 特報は、メリーゴーランドに乗って笑顔をのぞかせる父に向かい、娘2人が「お父さん〜」と手を振るシーンからスタート。そして「ゆっくり記憶を失っていく父との、お別れまでの7年間」というナレーションとともに、東家の面々の涙と笑いの表情が映し出されていき、最後は食卓を囲みながら、「あんた誰だ?」と尋ねる父に、長女が「麻里だけど」と答える、クスッと笑えるやり取りのシーンで幕を閉じる。

 『長いお別れ』は5月より全国公開となる。

【関連記事】

 [動画]解禁となった『長いお別れ』15秒特報
新藤兼人賞金賞に『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督!
宮沢りえ、恋でキレイに!?『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶

[動画]宮沢りえが余命2か月の母を熱演/映画『湯を沸かすほどの熱い愛』予告編

関連キーワード認知症蒼井優長いお別れ

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース