ソラストの12月はオールライフメイトの子会社化などで入居者数・事業所数は老人ホームを中心に増加

2019年1月22日 07:10

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■施設系サービス入居者数は11月末比で625人増加

 ソラスト<6197>(東1)は21日、12月の月次動向(2018年12月介護サービス利用状況速報値)を発表し、介護サービス利用状況は、訪問介護が前年同月比3.9%増の7,138人、デイサービスが同0.4%増の7,909人となった。    同社は12月26日付で東京都内中心に有料老人ホーム7カ所を運営するオールライフメイト(東京都豊島区)の株式を、カーメイト<7297>から取得し、子会社化したことなどで、入居者数及び事業所数では老人ホームを中心に増加した。    施設系サービスの入居者数は、前年同月比67.9%増の2,575人となり、11月末比で625人増加した。入居率推移では、グループホームが97.8%、有料老人ホームが92.5%、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)が94.2%となった。サ高住は18年1月から前年同月を上回り、高水準を継続している。事業所数は、11月末比で訪問介護・デイサービス・居宅介護支援・その他ともに増減なしで変わらず。グループホームは2カ所増の67カ所。有料老人ホーム・サ高住は7カ所増の27カ所。合計で9カ所増の382カ所となった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ASIANSTARは調整一巡感、18年12月期3Q累計営業減益だが通期大幅増益予想(2018/11/14)
ラクーンホールディングスは戻り歩調、利用企業数増加基調で19年4月期2桁増益予想(2018/11/13)
ソフトクリエイトホールディングスは上値試す、19年3月期2Q累計が計画超の大幅増益で通期上振れの可能性(2018/11/13)
クレスコは前日比変わらずも今期2Q累計経常利益の上ぶれ着地と受注高続伸を手掛かりに再々騰余地(2018/11/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。