佐藤健、これまでの経験が通用しない現場に驚愕

2019年1月21日 22:00

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

俳優の佐藤健が1月21日に六本木ヒルズアリーナで行われた映画『サムライマラソン』完成披露イベントに、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、木幡竜、バーナード・ローズ監督とともに出席。写真:佐藤健

俳優の佐藤健が1月21日に六本木ヒルズアリーナで行われた映画『サムライマラソン』完成披露イベントに、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、木幡竜、バーナード・ローズ監督とともに出席。写真:佐藤健[写真拡大]

写真の拡大

 俳優の佐藤健が1月21日に六本木ヒルズアリーナで行われた映画『サムライマラソン』完成披露イベントに、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、木幡竜、バーナード・ローズ監督とともに出席。これまで数多くの作品に出演している佐藤だが「今までの常識が一切通用しない現場だった」と語りつつも、充実した表情を浮かべた。

 ・『サムライマラソン』完成披露イベント、その他の写真

 本作は『超高速!参勤交代』などの原作者・土橋章宏が、日本史上初のマラソンと呼ばれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」をもとに執筆した小説「幕末まらそん侍」を、ハリウッド、イギリス、ドイツなど世界を股に掛けて活躍するバーナード・ローズ監督が映画化。開国を迫られた幕末を舞台に、侍たちを鍛えるために開催された遠足(とおあし)に隠された陰謀に翻弄される人々を描く。

 佐藤は「ずっと海外の方と仕事をしたいと思っていた」と明かすと、めぐってきたチャンスに「逃したくない」という思いで飛び込んだという。しかしローズ監督の演出は、これまでの佐藤の現場経験を打ち砕くほど独特だった。「まず台本を気にするなと言うんです。しゃべりたくなければ言わなくていいと……」と佐藤は語り出すと「僕は役柄上、あまり言葉を重ねない役だと思ったので、(台本に書かれているセリフを)しゃべらず、動きで見せるようなアプローチ方法をとりました」と振り返る。

 一方、森山は、藩主・板倉勝明を演じた長谷川博己が、ローズ監督の演出のもと、台本からどんどんセリフを変えて「けしかけてきた」ことを敏感に察知し、自身も台本に囚われず、大胆な役作りを行ったという。

 対照的なアプローチ方法をとった佐藤と森山だが、2人が1ヵ月前から練りに練ったという殺陣のシーンが、現場でバッサリとカットされたことに小松は衝撃を受けたそうで、「あんなに練習していたシーンがなくなってしまうなんて……ショックでした」と述懐。

 それでも佐藤は「ここで、相手が来るから、こう避けて……というのは段取りということなんですよね」とローズ監督の考え方に理解を示すと「監督は本当にやり合いを望んでいたということです」と徹底的にリアルを追求する撮影方法に脱帽していた。

 『サムライマラソン』は2月22日より全国公開となる。
(text&photo:磯部正和)

【関連記事】

 [動画]映画『サムライマラソン』予告編
佐藤健主演!マラソン発祥の史実に基づく『サムライマラソン』予告編解禁
佐藤健&高橋一生、撮影中は距離縮まらず!?
佐藤健が仮面ライダーに10年ぶりに出演「大変光栄」

関連キーワード六本木ヒルズ佐藤健小松菜奈竹中直人染谷将太小関裕太サムライマラソン

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース