ペッパー 急落、「いきなり!ステーキ」の既存店伸び悩み嫌気

2019年1月21日 14:19

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:19JST ペッパー---急落、「いきなり!ステーキ」の既存店伸び悩み嫌気
ペッパー<3053>は急落。先週末に12月の月次動向を発表している。既存店売上高は、「ペッパーランチ」が前年同月比5.6%増で7カ月連続でのプラス成長となっている。一方、注目度の高い「いきなり!ステーキ」は同13.8%減で9ヵ月連続のマイナス成長となっている。とりわけ、ここ2カ月は客数低迷主因に2ケタ減となっている。新店効果によって売上成長は続くが、収益性の悪化が懸念される状況にも。《HH》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース