ソフトバンク もみ合い、上場1カ月でアナリストのカバレッジもスタート

2019年1月21日 14:04

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:04JST ソフトバンク---もみ合い、上場1カ月でアナリストのカバレッジもスタート
ソフトバンク<9434>はもみ合い。上場から1カ月が経過したことで、複数で新規カバレッジの動きが観測されている。野村證券では1500円目標で「ニュートラル」、ゴールドマン・サックス証券では1600円目標で「中立」としている一方、みずほ証券では1800円目標で「買い」としている。過去の値下げ影響縮小や強みとする大容量プランの拡大によって、他社が苦しむ中でも着実な増益基調を続けると評価。《HH》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース