アサヒ衛陶 急伸、今11月期は5期ぶりの黒字転換見通しに

2019年1月21日 13:22

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:22JST アサヒ衛陶---急伸、今11月期は5期ぶりの黒字転換見通しに
アサヒ衛陶<5341>は急伸。先週末に前11月期の決算を発表している。営業損益は1.65億円の赤字となり、前期比で赤字幅は拡大している。従来予想もやや下回る着地に。一方、今11月期は0.7億円の黒字回復を予想、5期ぶりの黒字転換となる見通し。ユニットバスの市場投入など新規ビジネスへの取り組み、国内工場の生産性向上やベトナムにおける生産拡大などで収益力向上を図るもよう。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース