荏原実業 一時ストップ高、アンモニアの新合成法開発報道受けて思惑物色向かう

2019年1月21日 12:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:40JST 荏原実業---一時ストップ高、アンモニアの新合成法開発報道受けて思惑物色向かう
荏原実業<6328>は一時ストップ高。「アンモニア」の新しい合成法を、九州工業大大学院生命体工学研究科の春山哲也教授が開発したと伝わっている。水と空気だけを材料にする簡易的な方法で、化石燃料を使用する従来の製造法に比べて大幅なコスト低減が見込まれるほか、環境への負荷も少なくなるようだ。同社は過去に春山哲也教授と、細胞アレイを簡易的に製作できる表面処理装置「細胞アレイヤー」を共同開発した実績もあり、思惑が先行する形にもなっているもよう。《US》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース