豪ドル週間見通し:伸び悩みか、12月豪雇用統計などが手掛かり材料に

2019年1月19日 14:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:40JST 豪ドル週間見通し:伸び悩みか、12月豪雇用統計などが手掛かり材料に
■強含み、中国政府の景気対策が支援材料に

先週の豪ドル・円は強含み。中国の12月貿易統計で輸出入(ドル建て)が予想外の落ち込みとなったことから、景気減速が懸念され豪ドルは売られた。一方、中国国家発展改革委員会が「第1四半期に経済が良いスタートを切れるよう目指す」と表明し、財政支出や減税拡大などの景気対策に言及したことが好感され、豪ドル買い・円売りが優勢となった。取引レンジ:77円57銭-79円10銭。

■伸び悩みか、12月豪雇用統計などが手掛かり材料に

今週の豪ドル・円は伸び悩みか。中国経済および米中協議の行方を見極める状況が続くなか、12月豪雇用統計、中国の12月小売売上高や鉱工業生産、10-12月期国内総生産(GDP)など主要経済指標の発表が注目される。豪雇用は前回内容が悪化、中国GDPは今回伸びやや鈍化の予想であり、豪ドル売りになる可能性がある。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・24日:12月雇用統計(11月:失業率5.1%、雇用者数+3.7万人)

予想レンジ:77円50銭-79円50銭《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース