アサカ理研 ストップ高、HMD利用して工場作業を省力化するツール開発と報道/新興市場スナップショット

2019年1月18日 14:29

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:29JST <5724> アサカ理研 1553 +300
ストップ高。18日付の一部メディアが「ヘッドマウントディスプレー(HMD)を利用し、工場での人の作業を省力化するツール『VD-In(ビジュアル・データ・インプット)』を開発した」と報じ、買い材料視されている。報道によると、「映像や文字情報をパソコンに直接入力したり、音声で数値データの入力や必要な情報を表示することができる」という。昨年来安値(1111円)近辺での推移が続いていたことも値頃感につながっているようだ。《US》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース