ビットコインのOTC取引量増加=ゴールドマン・サックス関係者【フィスコ・ビットコインニュース】

2019年1月16日 20:24

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*20:24JST ビットコインのOTC取引量増加=ゴールドマン・サックス関係者【フィスコ・ビットコインニュース】
大手投資銀行ゴールドマン・サックスが、UHNW(超富裕層)の顧客によるビットコイン(BTC)の買いが増加していると仮想通貨情報サイトのアバカス・ジャーナルの報道で明らかになった。

報道によればゴールドマン・サックスのOTC市場担当者2名が、2018年末~2019年にかけて超富裕層の顧客によるビットコイン購入の増加を明かしている。また、超富裕層の中でビットコインは市場の不確実性が高まる中「価値の貯蔵手段」、「デジタル・ゴールド」として浸透し始めており、世界経済が軟化し続ければ、購買量は継続して増加すると見る。

ゴールドマン・サックスは仮想通貨のトレーディング・デスク設立を公言しながらまだ進展がないものの、かねてより米仮想通貨決済やサークル社やその他のビットコイン関連企業に投資しており、この姿勢が顧客にも受け入れられているという。ゴールドマン・サックスは出資者としてサークル社において先行者特権を持っているため今後もOTC取引においてメジャーなプレイヤーであるとしている。

サークル社は3日、同社のOTC取引高が2018年に約2.6兆円を記録したと公表し、流動性の高さから機関投資家の参入が増加したと発表した。クジラとも呼ばれる大規模な投資家が市場を一方的に大きく動かすことを避けて取引所ではなくOTC取引に移行していることから、ビットコインのOTC取引高は取引所における取引高を上回る。

2019年、仮想通貨の取引高が増加を続けるかが注目される。《SI》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース