売れていれば、才能があれば、犯罪ですら許される時代は終わりつつある

2019年1月15日 23:02

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

ハリウッドでは#MeToo運動が広がり、発端となった映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインの逮捕と裁判が行われ、少しずつ状況が改善に向かう中、今度は音楽業界からも大物ミュージシャンによる性的暴行疑惑が発覚。写真:カーラ・デルヴィーニュのInstagram

ハリウッドでは#MeToo運動が広がり、発端となった映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインの逮捕と裁判が行われ、少しずつ状況が改善に向かう中、今度は音楽業界からも大物ミュージシャンによる性的暴行疑惑が発覚。写真:カーラ・デルヴィーニュのInstagram[写真拡大]

写真の拡大

 ハリウッドでは#MeToo運動が広がり、発端となった映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインの逮捕と裁判が行われ、少しずつ状況が改善に向かう中、今度は音楽業界からも大物ミュージシャンによる性的暴行疑惑が発覚。レディー・ガガやモデルのカーラ・デルヴィーニュらが抗議の意思を表明している。

 ・ハリウッド・セレブは政治発言も活発!

 きっかけはR&Bシンガー、R.ケリーが未成年の少女を含む女性たちへの性的暴行や監禁、彼がリーダーを務めたと言われるカルト集団についての疑惑に迫るドキュメンタリー・シリーズ「Surviving R. Kelly(原題)」が1月3日から5日(いずれも現地時間)にかけてアメリカで放送されたこと。過去数年間にジョージア州にあるR.・ケリーの邸宅に監禁され、暴行を受けていた女性たちが証言、現在R.・ケリーと暮らしているジョスリン・サヴェージの両親はこうした状況について「カルト」と表現した。

 90年代から10代の少女たちに対する性的暴行や、彼女たちとの性行為を撮影したことで児童ポルノ容疑で裁判になったこともあるケリーは、一切の疑惑を否定しているが、同番組にはケリーの元妻や元交際女性、監禁されてきた女性たち、暴行現場の目撃者たちが証言している。また、『ラ・ラ・ランド』にも出演したR&Bシンガーのジョン・レジェンドも番組に出演し、「R.ケリーはタイムズアップだ」と糾弾。 SNSでは番組出演を勇敢だと讃えてくれた人々に対して「全くリスキーには感じなかった。僕は彼女たちのことを信じているし、連続児童レイピスト(婦女暴行者)を擁護する気なんて全くない。簡単な決断だったよ」とコメント。

 レディー・ガガは「私は性的暴行の被害者の側に寄り添います」とツイートし、かつてR.ケリーとコラボした楽曲をiTunesなどストリーミングサービスから削除することを表明した。

 カーラ・デルヴィーニュはドキュメンタリーを見た直後にインスタグラムに長文を投稿。「私が思うに、彼(ケリー)がしてきたことはハーヴェイ・ワインスタインよりもひどく、しかるべき責任を追うべきです」「アートとアーティストを分けて考えるのはもうやめましょう。天使のように歌うからといって、彼が天使ということにはなりません」と綴った。これには多くの賛同が寄せられたが、同時に反発も大きかった。翌日にカーラは主演映画『ヴァレリアン』撮影時のオフショットで、目を向いて驚いた表情の自身の写真をアップ。「昨日、R.ケリーについて投稿した後、5万人のフォロワーを失ったことに気づいた時の表情」とコメントをつけた。カーラは「2019年はもっと対立を恐れない人でありたい。対立とは暴力のことではなく、コミュニケーションなのです」と綴った。

 R.ケリーの行いについて、ドキュメンタリー放送後にジョージア州フルトン郡地区検察局は事件として操作を開始したという。今後の展開に注目したい。

【関連記事】

 熟年離婚におしどり夫婦の破局、復活愛も相次ぐ
ハリウッド・セレブは政治発言も活発!
200億稼ぐ20代セレブ出現や多様性の広がり…
性的虐待で窮地に立たされる2大巨匠

関連キーワードアメリカコラボレーション児童ポルノ裁判ラ・ラ・ランドレディー・ガガ

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース