【どう見るこの株】注目の直近1部昇格銘柄

2019年1月15日 10:27

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■最高純益更新株、ラグビーW杯関連株、災害復興関連株など側面支援材料も随伴

 「直近1部昇格株」を市場変更に際したファイナンスの有無で選別すると、ファイナンスなしが6銘柄、何らかのファイナンスを伴った銘柄が4銘柄となった。ファイナンスなしでは、12月13日に名証第2部から東証第1部・名証第1部へ昇格した未来工業<7931>(東1)は、承認とともに2日連続でストップ高、いったん2980円まで調整したが、市場変更日は3030円と高寄りして3070円まで買い進まれた。

 その後、全般相場の急落にツレ安し再び2617円と下値を探ったが、前週末は大陽線を立てて直近1部昇格銘柄では唯一、昨年来高値3115円まで買い直された。残業ゼロ経営など時代を先取りした独自のビジネスモデルには定評があり、PER評価ではやや割高なものの、今2019年3月期第2四半期業績が、期初見通しを上ぶれて着地し、通期純利益は、固定資産の売却益計上で5期ぶりの過去最高予想にあり、なお上値期待を高めよう。

 またサニーサイドアップ<2180>(東1)は、PR会社として新規に展開しているスポーツ事業で、今年9月開催のラグビーのワールドカップや来年の東京オリンピック・パラリンピックなどのビッグイベントが業績にも株価的にポジティブ効果を発揮する。

 南陽<7417>(東1)は、九州地方で度重なった自然災害の復旧・復興需要で昨年10月に今3月期業績を上方修正、PERは8倍台、PBRも0.8倍と上値余地を示唆している。

 チャーム・ケア・コーポレーション<6062>(東1)は、市場変更承認で1743円高値をつけ、全般急落相場に抵抗できずに1091円安値へ調整したが、今6月期業績は大幅増益で連続して過去最高を更新する見込みで、高価格帯・高級ホームへのシフトとともに、富裕な高齢者向けに不動産事業へ進出する新規事業も株価に反映される展開が有力視される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ASIANSTARは調整一巡感、18年12月期3Q累計営業減益だが通期大幅増益予想(2018/11/14)
ラクーンホールディングスは戻り歩調、利用企業数増加基調で19年4月期2桁増益予想(2018/11/13)
ソフトクリエイトホールディングスは上値試す、19年3月期2Q累計が計画超の大幅増益で通期上振れの可能性(2018/11/13)
クレスコは前日比変わらずも今期2Q累計経常利益の上ぶれ着地と受注高続伸を手掛かりに再々騰余地(2018/11/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング