訪日外国人客の旅行先、冬はどの街が人気? Booking.comが調査

2019年1月9日 15:29

小

中

大

印刷

韓国・香港・台湾からの旅行者に人気のエリア(画像: ブッキング・ドットコム・ジャパンの発表資料より)

韓国・香港・台湾からの旅行者に人気のエリア(画像: ブッキング・ドットコム・ジャパンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • タイ・シンガポールからの旅行者に人気のエリア(画像: ブッキング・ドットコム・ジャパンの発表資料より)
  • 欧米圏からの旅行者に人気のエリア(画像: ブッキング・ドットコム・ジャパンの発表資料より)

 ブッキング・ドットコム・ジャパン(本社・東京都港区)は8日、訪日外国人客の旅行先最新ランキングを発表した。

【こちらも】外国人旅行者の増加率“世界一”の大阪 注目のホテルも続々開業

 調査対象は、韓国・香港・台湾・タイ・シンガポール・アメリカ・イギリス・フランスからの旅行客。 宿泊予約サイト「Booking.com」における2018年12月28日~2019年1月6日のチェックイン予定の予約状況をもとに、2018年12月28日時点での宿泊数を計測し、ランキングとして発表した。

 やはり東京、大阪、京都は不動の人気となっており、前述8地域のうち、6地域で上位3都市を独占。東京は全ての地域で1位となった。しかしこの3都市を除いた都市で見ると、地域別に差が見られることが分かった。

 韓国・香港・台湾などの東アジアでは沖縄・九州の都市が多くランクイン。東アジアからはアクセスが良いこともあげられるが別の側面もある。韓国からの人気都市として7位に由布、9位に別府が入っており、温泉を目的に来日する観光客が多いことがうかがえる。

 また台湾からの人気都市の9位に仙台が入った。宮城県は台湾に対して直行便があるほか積極的に観光誘致を図っており、これらが奏功した形だ。東北への観光拠点となることが予想される。

 タイ・シンガポールなどの東南アジア地域からは、札幌や高山(岐阜)など、雪の多い都市が人気となった。普段温暖な国にいる観光客からは、自国にはない豪雪地帯が新鮮に見えるようだ。雪に合わせて富士山も観光できる富士河口湖もトップ10に入った。

 それぞれの地域から人気の高い京都だったが、タイではそれらの雪国や東京などの大都市に押されて、唯一7位に後退。仏教国であるタイから見ると寺社仏閣の多い京都よりも雪のほうが魅力的に映るのかもしれない。

 アメリカ・イギリス・フランスでは1位から順に東京、大阪、京都、成田と上位は共通していた。他の地域と違い、成田がランクインしているのは、より遠方からの来日となるため成田空港の近くで泊まる場合が多いからだろう。

 これら欧米地域の中では、共通して広島がトップ10にランク入りした。原爆ドーム・安芸の宮島など世界遺産を2つ抱える広島は、観光地として目立った人気がありそうだ。瀬戸内海に面して比較的気候も温暖なため、冬においてはなお一層魅力的に映るとも考えられる。

 また本調査では欧米の国々の中での違いについても触れられており、観光地の二極化が示された。アメリカとイギリスでは北海道や白馬などウインタースポーツが楽しめる地域が人気となっており、東南アジアと同様の傾向を示した。日本の雪質については外国人観光客から好評であり、この雪質を求めて来日する観光客も多いようだ。

 一方フランスではこれらスノースポーツを楽しむというよりも、奈良や日光など寺社仏閣の世界遺産が並ぶ街が好まれる傾向にある。フランス人観光客は長く日本に滞在する傾向にあり、これらの文化都市を渡り歩いて日本を満喫していることが読み取れる。(記事:藤原大佑 ・記事一覧を見る

関連キーワード訪日外国人外国人旅行者

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース