Mozilla Thunderbird、2019年は積極的な開発を行う方針

2019年1月7日 22:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 昨年11月にソフトウェアエンジニアを募集していたMozilla Thunderbirdだが、今年はThunderbirdの高速化やUX/UIの向上などを含めた大きなアップデートを行う方針だという(The Mozilla Thunderbird Blog)。

 Thunderbirdを開発するMozillaは2015年にThunderbirdの開発を「切り離す」意向を示していたが、結局これは実現せず、Mozillaは今後もThunderbirdの開発にコミットするようだ(TechCrunch)。

 なお、Thunderbirdの開発には8名のスタッフがフルタイムで従事しており、さらに今年には6名が新たに開発チームに参加したという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Mozilla | IT

 関連ストーリー:
Mozilla Thunderbird、2019年の大きな計画に向けてソフトウェアエンジニア募集 2018年11月19日
Thunderbird 60.0リリース、ひっそりとWindows用64bit版も登場 2018年08月10日
Thunderbirdの将来の家 2017年05月13日
Thunderbirdの受け入れ先はどこになる? 2016年04月29日
Mozilla、Thunderbirdを切り離しへ 2015年12月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMozillaThunderbird