Firefox新規タブに表示の広告のようなスニペット、Mozillaは広告ではないと説明

2019年1月5日 11:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Firefoxの「新しいタブ」画面で年末、Booking.comの広告のようなスニペットが米ユーザーの一部に表示されていたそうだ。これについてMozillaは広告ではないと説明しているという(NeowinVentureBeatSlashGearBetaNews)。

 Firefox 60では米国のユーザーを対象に、「新しいタブ」画面で「Pocket」のお勧めセクションに広告を表示する計画が発表されていたが、今回のスニペットとは別物だ。スニペットの表示/非表示はFirefoxのオプション→ホームで設定でき、「MozillaとFirefoxに関する最新情報」と説明されている。スニペットの内容としては、Firefoxからユーザーへのお礼としてBooking.comでホテルを予約すると20ドル分のAmazonギフトカードがもらえるというもの。スニペットには「Find a Hotel」というボタンが表示され、クリックするとBooking.comのページへ移動したとのこと。

 これについてMozillaでは、パートナーからのオファーを通じてFirefoxユーザーにより多くの価値を提供するための実験であり、料金を取って表示したものでも、広告でもないと説明しているそうだ。Booking.comのスニペットが表示されたのは12月30日までの5日間で、最新版のFirefoxを使用している米ユーザーの約25%が対象になったという。また、12月にはPhosphorescentのライブコンサートも無料で提供していたとのことで、今後もFirefoxユーザーに感謝を示す方法を検討していくとのことだ。

 Mozillaは10月にも米国のFirefoxユーザーの一部を対象として、ProtonVPNのオファーを表示する計画を発表している。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Firefox | Mozilla | 広告 | IT

 関連ストーリー:
科学技術振興機構の電子ジャーナルプラットフォーム「J-STAGE」では未だにFirefoxが非推奨 2018年12月16日
Firefox 64リリース、シマンテックの証明書が無効に 2018年12月13日
Firefox 65ナイトリービルド版がWebP画像形式に対応 2018年11月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMozilla

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース