新日本電工<5563>のフィスコ二期業績予想

2019年1月2日 20:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*20:48JST 新日本電工<5563>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2018年12月18日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

新日本電工<5563>

3ヶ月後
予想株価
240円

フェロマンガンやフェロシリコンなど合金鉄のトップメーカー。中央電工と経営統合。高炭素フェロマンガンに経営資源投入。機能材料事業は堅調。電子部品向け酸化ジルコニウムは販売量増加。18.12期3Qは増収。

電池材料は水素吸蔵合金が販売順調。環境事業は売上増。中国向けほう素回収大型設備の販売等が寄与。合金鉄事業は売上堅調。18.12期通期は増収見通し。収益鈍化が株価の上値抑制要因。当面は上値の重い展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.12期連/F予/74,000/1,800/2,200/2,700/18.44/6.00
19.12期連/F予/76,500/2,200/2,600/2,000/13.66/6.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/12/18
執筆者:YK《FA》

広告

財経アクセスランキング