正月映画の勝者を予想! 余裕のファンタビ、ドラゴンボールに、妖怪ウォッチの危機…

2019年1月2日 10:03

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

正月興行はどんな作品が話題になりそうか。写真:『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 (C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K.R.

正月興行はどんな作品が話題になりそうか。写真:『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 (C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K.R.[写真拡大]

写真の拡大

 正月興行はどんな作品が話題になりそうか。最大の注目作が『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』だ。『ハリー・ポッター』の原作者が新たに描く魔法ファンタジー映画2作目で、前作は興収73.4億円の大ヒットとなった。本作は前作同様、11月23日から公開された。正月映画は12月公開が大半だが、競合作品のない早めに公開することで、シネコンで座席数の多いスクリーンを字幕版、吹き替え版の両方で確保。公開スタート時に一気に集客し、翌週以降も大きめのスクリーンを維持する配給戦略だ。公開後10日間で興収28.9億円、19日間で興収40.5億円。前作は12日間で31.4億円なので、ほぼ前作並みのペースといえそう。

 ・日本市場で稼ぐ『ハリポタ』&『ファンタビ』

 『ファンタビ』に続くヒットが期待されているのが『シュガーラッシュ:オンライン』だ。ゲームの世界を舞台に、悪役キャラクターのラルフと少女ヴァネロペの冒険と友情を描いたディズニーアニメ続編。前作が30億円を記録している。本作には歴代のディズニープリンセスが揃うキラーショットがあるのが強みで、前作以上の大ヒットを記録する可能性は十分だ。

 手堅い興行が期待できるのが『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』。劇場版20作目で、原作者・鳥山明が原作・脚本・キャラクターデザインを担当した。前作は37.4億円で、新作も同程度のヒットが見込まれる。「劇場版20作記念 フルキャラクターフィルム風ステッカー」と「スーパードラゴンボールヒーローズカード」が入場者プレゼントなのも動員を後押ししそう。

  『ドラゴンボール』とは逆に、映画関係者が心配しているのが劇場版5作目『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』だ。1作目は78億円の大ヒットとなったものの、回を重ねるごとに興収を落としており、前作は20.4億円。興収が下げ止まらないと、来年の劇場版が打ち切られる可能性が出てきそうだ。

 邦画実写で期待が高いのが『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』。「大人が良質で泣ける邦画を見るならコレ」と評価が高い。配給元の松竹では18年の正月映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(興収27億円)のような大ヒットを狙っているといわれる。

 このほか邦画実写では、中島哲也監督が岡田准一主演で製作したホラー映画『来る』、中島健人と中条あゆみで人気少女マンガを映画化した『ニセコイ』、平成ライダー勢揃いの『仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FOREVER』が控える。

 洋画実写の注目作は『アリー/スター誕生』。女性スターの誕生と、彼女を見出した男性スターの転落を描くストーリーで主演はレディー・ガガ、相手役がブラッドリー・クーパー。彼女が数々の歌を披露していることと、音楽映画ブームが続いているのが追い風だ。

 公開中の『ボヘミアン・ラプソディー』は快調に動員を伸ばしており、正月興行に入ってもロングラン上映されそう。

 評価が分かれるのが、ミニオンを生んだイルミネーションの新作アニメ『グリンチ』だ。『怪盗グルー』シリーズ以外の興行成績を見ると、『ペット』(42.4億円)、『SING/シング』(51.1億円)と大ヒット作がある一方、『グリンチ』と同じドクター・スースの原作をアニメ化した『ロラックスおじさんの秘密の種』は10億円に届かなかった。本作はどちらになるだろうか。(文:相良智弘/フリーライター)

 相良智弘(さがら・ともひろ)
日経BP社、カルチュア・コンビニエンス・クラブを経て、1997年の創刊時より「日経エンタテインメント!」の映画担当に。2010年からフリー。

【関連記事】

 日本市場で稼ぐ『ハリポタ』&『ファンタビ』
熟年離婚におしどり夫婦の破局、復活愛も相次ぐ/2018年セレブカップルの動向
4D、ScreenX 、IMAX─シネコンで存在感増すスペシャルスクリーン
クイーン世代の中高年から20代までが支持! リピーター続出で大ヒット『ボヘミアン・ラプソディ』
原作に忠実なのがいいとは限らない…!?『ニセコイ』でラブコメ実写化の難しさを痛感

関連キーワード妖怪ウォッチドラゴンボール仮面ライダーイルミネーションハリー・ポッターシュガーラッシュ怪盗グルー岡田准一8年越しの花嫁ドラゴンボール超中島健人レディー・ガガニセコイこんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話グリンチファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生ボヘミアン・ラプソディブラッドリー・クーパー