MicrosoftのEdge開発チーム、ブラウザの省エネ性能ベンチマーク結果公開

2019年1月2日 10:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 MicrosoftのEdgeブラウザ開発チームが「Browser efficiency comparison - Fullscreen Video」というテスト結果を発表している(気になる、記になる…

 このテストはバッテリ駆動状態のノートPC(Surface Book)上でWebブラウザを起動し、そこでフルスクリーンでHTML5動画再生を行ってバッテリ駆動時間を測定するというもので、結果としてはEdge 18が16時間2分50秒、Chrome 69は12時間53分41秒、Firefox 63では8時間16分20秒となっている。

 スラドのコメントを読む | マイクロソフト

 関連ストーリー:
Googleはほかのブラウザの性能を落とす変更を意図的に行っている? 2018年12月19日
Google Chromeは新たなInternet Explorer 6になりつつある 2018年01月17日
Webブラウザーベンチマーク対決、Microsoft Edgeはスコア上昇、Firefoxは下降 2016年10月30日
IE9、最も省エネなブラウザー 2011年04月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftChromeMicrosoft EdgeFirefoxHTML5Surface

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース