Windows 10、「更新プログラムのチェック」クリックで緊急性低い更新が先行インストール

2018年12月20日 09:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Windows 10ではWindows Update設定画面で「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックすると、自動的にはインストールされない優先度の低いアップデートがインストールされるそうだ(マイナビニュース)。そのため、このボタンはクリックしない方が良いとの声も出ている。

 Windows Blogsによると、Windowsの月例アップデートにはセキュリティリリースを含む「Bリリース」と、セキュリティリリースを含まない「Cリリース」および「Dリリース」があるという。CリリースおよびDリリースは主に商用ユーザーや「アップデートを探すアドバンスドなユーザー」に向けたもので、必須ではない(優先度の低い)オプションのアップデートとして提供され、「更新プログラムのチェック」をクリックすることでインストールされるという。また、これらリリースでの修正は次の「Bリリース」に組み込まれるとされている。

 ただ、マイナビニュースの記事によると、これらリリースは緊急性の低いアップデートを先行リリースするという位置付けのため、不具合に巻き込まれる可能性もあるという。そのため安定した動作を求めるなら「更新プログラムのチェック」はクリックしない方が良いとのアドバイスも出ている。実際、このC/Dリリースをインストールしたことでトラブルが発生したケースもあるようだ。

 なおMicrosoftによると、C/Dリリースについても検証済みで実運用レベルという位置付けになっているそうだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Windows

 関連ストーリー:
Microsoft、新元号に関連するOffice 2010の更新プログラム2本などを提供中止 2018年11月23日
Microsoft、Windows 7の一部で月例更新がインストールできない問題と解決法を解説 2018年09月26日
Windows 10 Insider Preview、アップデート実行中にスリープしない機能を追加 2018年02月27日
最新CPU搭載PCでWindows 7/8.1の更新プログラムを入手可能にするパッチが開発される 2017年04月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティMicrosoftWindowsWindows 10Windows Update

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース