最後の独立系モバイルOS「Sailfish」

2018年12月19日 22:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 iPhoneとAndroidがモバイル市場を独占してからかなりの時間が経過した。現在、その2つのOSでモバイル市場の99.9%のシェアを独占している。2010年頃には多くのモバイルOSが市場に出ようとしていたが、そのほとんどは今や見る影もない。そんな中、「Sailfish OS」は大手企業からは独立した最後の代替モバイルオペレーティングシステムを自称する挑戦者となっている。

 このOSはNokiaで「MeeGo」端末の開発に携わっていたチームが、Jollaという企業を立ち上げて開発している。MeeGoはIntelのLinuxベースモバイル/組み込み向けOS「Moblin」と、Nokiaのモバイル端末向けプラットフォーム「Maemo」ソフトウェアプラットフォームを統合したもの。Sailfish OSは、このNokiaとIntelの「間違ったコラボレーション」によって生まれたMeeGoの残骸から再生した。

 2011年にMeeGoを搭載したスマートフォン「Nokia N9」は一定の評価を得たものの、その登場はあまりに遅すぎた。のちにノキアはWindows Phoneに乗り換え、MeeGoを完全に放棄した。MeeGoに取り組んでいた開発者たちと、Maemo OSに基づいたMerというオープンソースのモバイルOSを開発した開発者が合流する形で「MeeGo 2.0」はスタートしている。

 Jollaは以来、ロシアと中国市場をターゲットに活動している。2016年後半にSailfish OSはロシアの国内認証を取得している。また2017年の頭には中国語版の開発を進めている(VOIESlashdot)。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | OS | 携帯電話

 関連ストーリー:
MeeGo由来の携帯機器向けOS「Sailfish OS」を搭載するスマートフォン登場 2013年12月02日
Tizenのスマホがドコモから登場する、かもしれない 2012年12月31日
IntelとNokiaが生んだモバイルプラットフォームMeeGoにAMDが参加 2010年11月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国コラボレーションAndroidiPhoneWindowsWindows PhoneNokiaIntelLinuxオープンソース