Lyeeがウイルス無力化方法として復活

2018年12月19日 08:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 2001年に『革命的ソフトウェア開発手法』などと話題になった「Lyee」が、ひっそりと復活しているようだ(IT疑似科学? “Lyee”の現在(前編)IT疑似科学? “Lyee”の現在(後編)

 「コーディング不要でかつウイルス無力化機能を内包するプログラム自動生成ツールの試作開発」として、昨年中小企業庁から500万円の補助金が支出されていた。一部は「ウィルス侵入検知及び無力化方法」の特許使用料に支出されており、2015年に「ウィルス侵入検知及び無力化方法」というLyee関連の特許が新たに認められたことが背景にあるようだ。

 Lyeeと言えば、かつてあまりのトンデモぶりで話題となり、そして、事業化を試みたカテナは一度も利益を出せずに撤退した。今回の「ウィルス侵入検知及び無力化方法」のトンデモぶりも、特許情報を見て頂ければ説明不要だろう。

 どうやってウイルスを無力化するかというと、同じデータを二重に持っておき、比較して一致しなければウイルスに侵入されたと判断するようである。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | パテント | 変なモノ

 関連ストーリー:
「メテオフォール型開発」があるあるすぎると話題に 2018年06月01日
恐怖駆動開発、あなたの体験は? 2014年09月20日
革命的ソフトウェア開発手法「Lyee」 2001年09月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中小企業特許