Jトラスト:10月に連結化したオリンピンド社で新たに農機ローン、多目的ローンなども展開

2018年12月18日 15:14

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆インドネシアのマルチファイナンス大手、当面の事業戦略を発表

 Jトラスト<8508>(東2)はこのほど、2018年10月に連結子会社化したインドネシアの金融企業JTrust Olympindo Multi Finance(Jトラスト・オリンピンド・マルチ・ファイナンス、以下オリンピンド社)に関する当面の事業戦略を発表した。

 これによると、オリンピンド社は、連結化する前までの主要事業だった中古車ローンに加え、新たに農機ローン、多目的ローンなどのサービスを開始し、「Jトラスト銀行インドネシア」とジョイントファイナンスのスキームを通じ、安定した資金調達による事業拡大と、資本効率の改善により利益率を向上させる戦略を進める。

 オリンピンド社の新規貸付件数は、連結子会社化する前後から水準を一段上げて増加し、7月までの月間3万件前後から、8月以降は毎月安定的に同5万件前後を確保している。こうした積極姿勢を生かし、提携により新車ローンを開始するだけでなく、疎遠となっていたディーラーとの取引を、大規模ディーラー中心に再開し、審査時間の短縮により、競争力のあるサービスを提供する。また、日本のクボタ、ヤンマーのほか、KIOTIとの提携で、農機ファイナンスを開始する。さらに、住宅改装ローン、教育ローンの提供を検討する。

コストの低減策では、従業員数を維持しつつ、事業規模拡大で経費効率を改善し、銀行とのジョイントファイナンスの仕組みを利用し、資本効率を改善する。

 オリンピンド社は、1974年に創業者が中古車販売事業を開始し、現在はインドネシアの主な5つの島で40拠点以上のネットワークを通し、多くの中古車販売ディーラーと強い信頼関係を築き上げてきた中古車ファイナンスを行うマルチファイナンス会社として、非常に良く知られる存在となっている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース