ロシアの「最先端ロボット」には中の人がいた

2018年12月18日 13:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ロシアの技術系イベントで「二本足で立って踊る」というロボットが披露された。このロボットはニュースなどでも報じられたのだが(ニュース映像)、実はこのロボットはただの「ロボット風スーツ」で、中に人が入っていたことが判明した(NewsweekGIZMODOSlashdot)。

 ニュースが報じられたあと、メディアやSNSで「不自然な首」「不必要な動き」「人間が入ることのできるサイズ」といった指摘が出ていたという。その後、このロボットの中に人が入っていたことが判明、さらにこの「ロボット風スーツ」はShow Robotsというメーカーが手がけた「Alyosha the Robot」という製品で、約25万ルーブル(約43万円)で一般販売されていたことも分かったそうだ(Guardian)。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 変なモノ | idle | ロボット

 関連ストーリー:
搭乗型ロボット「METHOD-1」開発中? 2016年12月27日
人型ロボットに変形できる自動車、実現に向けて開発プロジェクトがスタート 2016年11月14日
君もASIMOになれる! ASIMOの着ぐるみ販売中 2012年06月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボットロシア

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース