AMBITIONにとって改正出入国管理法は追い風

2018年12月12日 14:51

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

AMBITION<3300>(東マ)にとって、先日、国会で改正出入国管理法が賛成多数で可決されたが、同社にとっては追い風となる。

AMBITION<3300>(東マ)にとって、先日、国会で改正出入国管理法が賛成多数で可決されたが、同社にとっては追い風となる。[写真拡大]

写真の拡大

■外国籍客の累計契約数が直近で1,700件を超え、2015年時点からは3倍超に急増

 AMBITION<3300>(東マ)にとって、先日、国会で改正出入国管理法が賛成多数で可決されたが、同社にとっては追い風となる。

 改正出入国管理法は、深刻な人手不足に対応するため、2つの在留資格を新設して外国人労働者の受け入れを拡大し、受け入れ数を5年間で最大34万人と想定している。

 同社は、東京23区中心の不動産コミュニティーデベロッパーで、デザイナーズマンションサブリースのプロパティマネジメント事業、新築投資用デザイナーズマンション開発・販売のインベスト事業(17年10月ヴェリタス・インベストメントを子会社化)を主力として、賃貸仲介、少額短期保険、民泊などの不動産関連事業も展開している。

 ところが、現在、同社が抱える約1万7,000戸の管理物件に占める外国籍の客の割合は7%以上に増加しており、外国籍客の累計契約数が直近で1,700件を超え、2015年時点からは3倍超に急増している。そのため、同社にとって改正入管法の成立は追い風であり、今回の法改正を大きなチャンスと捉え、外国人労働者や留学生に対して住まいの提供やサービス拡充をこれまで以上に重点的に行うとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ダイヤモンドエレクトリックHDは田淵電機を支援、自動車のEVシフト等でシナジー効果を期待(2018/11/14)
全国保証は第1四半期2ケタ増収増益と好調、4400円どころは下値(2018/10/04)
ウィルは中部圏への活動エリア拡大へ、配当利回り妙味も増す(2018/10/03)
サンコーテクノは反発期待、19年3月期増収増益・連続増配予想で2Q累計2桁増益と順調(2018/11/09)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告