協立電機<6874>のフィスコ二期業績予想

2018年12月9日 12:06

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:06JST 協立電機<6874>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2018年11月25日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

協立電機<6874>

3ヶ月後
予想株価
2,300円

インテリジェントFAシステム事業、IT制御・科学測定事業を手掛ける。FAシステム、省エネルギー制御ソリューション等も。IT制御・科学測定事業は好調。メカトロニクス取引が伸長。19.6期1Qは2桁営業増益。

科学分析機器等は好調。インテリジェントFAシステム事業では水質検査ビジネスが拡大。IoT関連の設備投資も追い風となり、19.6期通期は増収増益見通し。流動性に課題だが、割安感の強さが当面の株価を下支えへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.6期連/F予/34,000/1,750/1,840/1,070/265.88/55.00
20.6期連/F予/34,700/1,850/1,940/1,120/278.30/55.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/25
執筆者:YK《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース