レーザーテック<6920>のフィスコ二期業績予想

2018年12月9日 12:21

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:21JST レーザーテック<6920>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2018年11月25日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

レーザーテック<6920>

3ヶ月後
予想株価
3,200円

半導体マスク欠陥検査装置など半導体関連装置が主力。レーザー顕微鏡、エネルギー・環境関連装置なども手掛ける。配当性向は35%目安。半導体関連装置は好調。為替差益を計上。19.6期1Qは大幅な増収増益。

半導体関連装置、サービスは受注残高が増加。19.6期通期は2桁増収増益見通し。大型TVパネル向け設備投資等が追い風だが、業績面は織り込み済み。バリュエーション面の上値余地は乏しく、株価は上げ渋る展開へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.6期連/F予/28,000/6,500/6,500/5,000/110.89/39.00
20.6期連/F予/34,500/8,300/8,300/5,900/130.85/45.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/25
執筆者:YK《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース