岡田准一主演『来る』初日舞台挨拶で中島哲也監督にクレーム続出!?

2018年12月8日 14:42

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

主演を岡田准一、監督を『告白』『渇き。写真:岡田准一

主演を岡田准一、監督を『告白』『渇き。写真:岡田准一[写真拡大]

写真の拡大

 主演を岡田准一、監督を『告白』『渇き。』などの中島哲也がつとめた話題作『来る』の初日舞台挨拶が12月7日にTOHOシネマズ 日比谷で行われ、岡田と中島をはじめ、黒木華、小松菜奈、青木祟高、松たか子、妻夫木聡が登壇した。

 ・岡田准一主演『来る』初日舞台挨拶、その他の写真

 撮影現場での演出面での厳しさが度々指摘されている中島監督。本作では公の場で初めて出演陣と相対することになり、出演者たちからは溜まりに溜まったクレーム(?)の数々がぶつけられた。

 公開直前まで作業に追われていた中島監督は「本当に間に合わない感じだった。岡田くんが『間に合わなくてすみません』って謝罪会見やるのかなぁと考えたくらい」と無責任な発言。これに岡田は「『来る』は来ませんでしたっていう挨拶を…」と韻を踏んで答えると、会場からは大きな笑いが起こった。

 登壇者の中で中島組の経験が一番長い妻夫木は「子どもができた喜びとかを感じながら演技していて、監督ともそんなことを話し合っていました。ただ『渇き。』の時から感じていたんですが、演出をつけてくれる時に『面白いやつやって』『もっと違うやつ』とか言われるんです。雑なんですよね」と愚痴をこぼすと、当の中島監督は「基本的に男優には興味がない。男には興味ないんですよね」と言い放つ始末。これに岡田と妻夫木は「あんなに頑張ったのになぁ…」と意気消沈。

 小松は「『渇き。』の時から5年くらい経っていたので、怖かった。初日は緊張していて、壁に向かって座っているところを岡田さんに目撃されました」と見えないプレッシャーを感じていたことを明かした。岡田は「現場に入ったら菜奈ちゃんが壁に向かって三角座りをしていたから、話かけていいのかわからなかった(笑)」と、その時の小松の様子を振り返る。

 そんな彼女に対して中島監督は「5年ぶりに会ったけれど、本当に以前とは変わっていてよかった、若いってすばらしいなと思いました」と言葉でねぎらうが、「こっちは飲む薬の量が増えていて、何も変わらないのに…。早く年とっちゃえばいいのに。次に会うのは彼女が30歳くらいだと思うんですが、その時にまだ高校生役とかやっていたらバカにしてやろうと思います」と中島節を炸裂。これには妻夫木が「ひと言多いんですよね」と突っ込み、会場からはこの日一番の笑いが起こっていた。

【関連記事】

 岡田准一が血まみれ!中島哲也監督と初タッグ『来る』場面写真&特報解禁

V6岡田准一、中島哲也監督と新作『来る』で初タッグ!

中島哲也監督と中谷美紀が仲直り!? ともに「ありがとう」と感謝の弁

『告白』トークショーで、女優泣かせの鬼監督が松たか子の演技力を絶賛!

関連キーワード小松菜奈岡田准一妻夫木聡松たか子黒木華

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース