蜘蛛の糸を超えるというミノムシの糸、製品化へ

2018年12月8日 14:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 興和と農研機構が、ミノムシの糸の製品化に向けた研究開発を行っているという(興和のプレスリリース)。

 昆虫由来の糸としては蜘蛛の糸の強度が強いという話が有名だが、ミノムシの吐く糸は蜘蛛の糸を凌駕する性能を持っており、今回両社はミノムシから1本の長い糸を採糸する技術を考案、特許出願したという。

 ミノムシの糸はタンパク質から構成されている「シルク繊維」とのことで、さまざまな用途で活用が期待できるという。さらにミノムシの繁殖や採糸に関する技術も開発しており、今後の産業化に向けた生産体制の構築を予定しているそうだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | テクノロジー | セキュリティ | ワーム

 関連ストーリー:
スパイダーシルクで靴下作成 2007年12月11日
クモの糸に人間がぶら下がる実験に成功 2006年05月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード特許農研機構

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース