リーボックのスニーカー「ランR 96」レトロ配色の19年春夏モデル

2018年12月8日 14:31

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 リーボック(Reebok)のユニセックススニーカー「ランR 96(RUN.R 96)」の新色が、2018年12月7日(日)に発売される。

 「ラン R 96」は、90年代のランニングシューズに使われたリーボック独自のテクノロジーに、現代的なデザインを融合させたスニーカー。パーツ毎に分離したノコギリ刃のようなフォルムのソールが最大の特徴で、90年代に発表されたものの商品化に至らなかったの幻のプロトタイプモデル「PUMP EVO」に採用された「スプリット ツーリング」と呼ばれるアウトソールが搭載されている。

 これまでのモデルは、その殆どがワントーンのシンプルなカラーリングでリリースされていたが、今回の2019年春夏モデルはより多くのカラーをまとって登場。メッシュとラバーの異種素材を組み合わせたアッパー部分は白と黒をベースに差し色として赤を加え、レトロモダンな雰囲気を放つ一足に仕上がっている。

【商品情報】
リーボック「ランR 96(RUN.R 96)」2019年春夏モデル
発売日:2018年12月7日(日)
価格:24,840円(税込)
カラー:ブラック/チョーク/トゥルーグレー/カロチン
サイズ:23.0cm~29.0cm(ユニセックス)
販売店舗 :リーボッククラシックストア 原宿、リーボック オンラインショップ、エストネーション 六本木店、KICKS LAB.、GR8ミラ オーウェン各店、アンディフィーテッド オンラインショップ

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードスニーカーリーボック(Reebok)

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース