光岡自動車、「Himiko」をマイナーチェンジ

2018年12月8日 16:54

小

中

大

印刷

Himiko。(画像:光岡自動車発表資料より)

Himiko。(画像:光岡自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • Himiko。(画像:光岡自動車発表資料より)
  • Himiko。(画像:光岡自動車発表資料より)
  • Himiko。(画像:光岡自動車発表資料より)
  • Himiko。(画像:光岡自動車発表資料より)
  • Himiko。(画像:光岡自動車発表資料より)
  • Himiko。(画像:光岡自動車発表資料より)

 光岡自動車は、2シーター・オープン「Himiko(ヒミコ)」のマイナーチェンジを行い、12月7日に発売した。

【こちらも】光岡、創業50周年モデル「Rock Star」200台限定で発売へ

 Himikoは2008年に登場した、往年のクラシックスポーツカーを彷彿とさせるロングノーズ&ショートデッキが特徴的な2シーター・オープンである。国内唯一のセグメントでもある。2018年2月にフルモデルチェンジが行われ、現行は2代目。発売当初のキャッチコピーは「宝石すら、嫉妬する。」というもので、主に女性の需要をターゲットとしているとされる。ベースはマツダ・ロードスターだが、前後がクラシックカーのデザインに変更されているのが最大の特徴といえる。

 今回のマイナーチェンジでは、まずカラーの追加が行われる。もともとは全7色であったものが、ボディカラーオプション全30色を追加。また、ユーザーの要望に応えるかたちで、フロントフェンダーとトランクフードのブラックアウトをボディと同色で仕上げる「ボディ同色フロントフェンダー/トランクフード」のオプションも新設された。

 機能面を見ると、「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「オートライトシステム」、「レインセンサーワイパー(フロント)感度調整式」、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(前進・後退時)」、「リアパーキングセンサー(センター/コーナー)」等各種安全装備が、全車標準の装備となる。

 価格はグレード「S」が6MTで消費税込(以下同)506万6,280円。「S Special Package」の6MTが537万2,676円。同じく6EC-ATが554万76円。「S Leather Package」の6MTが593万8,272円。同じく6EC-ATが607万3,272円である。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードロードスター光岡自動車

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース