『万引き家族』『未来のミライ』がゴールデングローブ賞ノミネート

2018年12月7日 22:59

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

12月6日(現地時間)、第76回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表され、是枝裕和監督の『万引き家族』が外国語映画賞、細田守監督の『未来のミライ』がアニメーション作品賞にノミネートされた。写真:最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』是枝裕和監督、ゴールデングローブ賞受賞にも期待高まる

12月6日(現地時間)、第76回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表され、是枝裕和監督の『万引き家族』が外国語映画賞、細田守監督の『未来のミライ』がアニメーション作品賞にノミネートされた。写真:最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』是枝裕和監督、ゴールデングローブ賞受賞にも期待高まる[写真拡大]

写真の拡大

 12月6日(現地時間)、第76回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表され、是枝裕和監督の『万引き家族』が外国語映画賞、細田守監督の『未来のミライ』がアニメーション作品賞にノミネートされた。

 ・安藤サクラ、自堕落な女から天真爛漫ヒロインまでを演じきる確かな演技力

 最多6部門で候補になったのは『VICE(原題)』。ジョージ・W・ブッシュ政権で副大統領を務め、その辣腕ぶりから「史上最強の副大統領」「影の大統領」とも呼ばれたディック・チェイニーを描く社会派コメディで、作品賞(コメディ/ミュージカル部門)をはじめ、18キロ増量して髪型や風貌も作り込んだ主演のクリスチャン・ベールが主演男優賞(コメディ/ミュージカル部門)、ブッシュ大統領を演じたサム・ロックウェルが助演男優賞、チェイニー夫人役のエイミー・アダムスが助演女優賞、アダム・マッケイが監督賞と脚本賞にノミネートされた。

 5ノミネートで続くのが、ブラッドリー・クーパー監督・主演、レディー・ガガ主演の『アリー/スター誕生』、『女王陛下のお気に入り』、『グリーンブック』。11月の公開後、観客動員数が右肩上がりの大ヒットを続けている『ボヘミアン・ラプソディ』はドラマ部門作品賞、フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックが主演男優賞にノミネートされている。

 ハリウッド外国人映画記者協会の投票によって決定するゴールデン・グローブ賞は、オスカー前哨戦の目玉の1つ。授賞式は2019年1月6日にロサンゼルスのビヴァリーヒルトンで開催される。

 ●ドラマ部門 作品賞
『アリー/スター誕生』
『ブラックパンサー』
『ブラック・クランズマン』
『ビール・ストリートの恋人たち』
『ボヘミアン・ラプソディ』
●コメディー/ミュージカル部門 作品賞
『クレイジー・リッチ!』
『女王陛下のお気に入り』
『グリーンブック』
『メリー・ポピンズ リターンズ』
『VICE(原題)』

 ●ドラマ部門 主演男優賞
ブラッドリー・クーパー『アリー/スター誕生』
ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』
ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』
ジョン・デヴィッド・ワシントン『ブラック・クランズマン』
ルーカス・ヘッジズ 『Boy Erased(原題)』

 ●コメディ/ミュージカル部門 主演男優賞
クリスチャン・ベール『VICE(原題)』
リン=マヌエル・ミランダ『メリー・ポピンズ リターンズ』
ロバート・レッドフォード『The Old Man & The Gun原題』』
ヴィゴ・モーテンセン『グリーンブック』
ジョン・C・ライリー『Stan & Ollie(原題)』

 ●助演男優賞
ティモシー・シャラメ『ビューティフル・ボーイ(原題)』
マハーシャラ・アリ『グリーンブック』
リチャード・E・グラント『Can You Ever Forgive Me?(原題)』
サム・ロックウェル『VICE(原題)』
アダム・ドライバー『ブラック・クランズマン』

 ●ドラマ部門 主演女優賞
グレン・クローズ 『天才作家の妻 40年目の真実』
メリッサ・マッカーシー 『Can You Ever Forgive Me?(原題)』
レディー・ガガ 『アリー/スター誕生』
ニコール・キッドマン 『Destroyer(原題)』

 ●コメディ/ミュージカル部門 主演女優賞
オリヴィア・コールマン『女王陛下のお気に入り』
エミリー・ブラント『メリー・ポピンズ リターンズ』
シャーリーズ・セロン『タリーと私の秘密の時間』
エルシー・フィッシャー『Eighth Grade(原題)』
コンスタンス・ウー『クレイジー・リッチ!』

 ●助演女優賞
エイミー・アダムス 『VICE(原題)』
レジーナ・キング 『ビール・ストリートの恋人たち』
エマ・ストーン 『女王陛下のお気に入り』
レイチェル・ワイズ 『女王陛下のお気に入り』
クレア・フォイ 『ファースト・マン』

 ●監督賞
アダム・マッケイ『VICE(原題)』
アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』
ブラッドリー・クーパー『アリー/スター誕生』
スパイク・リー『ブラック・クランズマン』
ピーター・ファレリー『グリーンブック』

 ●脚本賞
アダム・マッケイ『VICE(原題)』
バリー・ジェンキンズ『ビール・ストリートの恋人たち』
ニック・ヴァレロンガ&ピーター・ファレリー&ブライアン・クリー『グリーンブック』
アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』
デボラ・デイヴィス&トニー・マクナマラ『女王陛下のお気に入り』

 ●音楽賞
『ファースト・マン』
『犬ヶ島』
『ブラックパンサー』
『メリー・ポピンズ リターンズ』
『クワイエット・プレイス』

 ●歌曲賞
「オール・ザ・スターズ」(『ブラックパンサー』)
「Girl in the Movies」(『Dumplin'(原題)』)
「Requiem For A Private War」(『A Private War(原題)』
「Shallow」『アリー/スター誕生』
「Revelation」『Boy Erased(原題)』

 ●外国語映画賞
『Girl(原題)』(ベルギー)
『Never Look Away(英題)』(ドイツ)
『ROMA/ローマ』(メキシコ)
『万引き家族』(日本)
『Capernaum(原題)』(レバノン)

 ●アニメーション作品賞
『インクレディブル・ファミリー』
『犬ヶ島』
『シュガー・ラッシュ:オンライン』
『スパイダーマン:スパイダーバース』
『未来のミライ』

【関連記事】

 安藤サクラ、自堕落な女から天真爛漫ヒロインまでを演じきる確かな演技力
興収40億も視野!『万引き家族』が年間1位になる可能性
クイーン世代の中高年から20代までが支持! リピーター続出で大ヒット『ボヘミアン・ラプソディ』
ブラッドリー・クーパー『アリー/スター誕生』をひっさげ5年ぶりに来日!
『万引き家族』是枝裕和監督がパルムドール受賞作に込めた社会への憤り

関連キーワードエマ・ストーンマハーシャラ・アリレディー・ガガアダム・ドライバー細田守シャーリーズ・セロンブラックパンサーニコール・キッドマン万引き家族未来のミライ安藤サクラ是枝裕和タリーと私の秘密の時間ファースト・マンインクレディブル・ファミリークレイジー・リッチ!シュガー・ラッシュ:オンラインブラック・クランズマン女王陛下のお気に入りボヘミアン・ラプソディブラッドリー・クーパー

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース