JR東、山手線の自動運転に向けた試験を深夜に実施へ

2018年12月6日 22:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 JR東日本が、山手線の自動運転に向けて試験走行を行うことを発表した(産経新聞乗り物ニュースプレスリリース)。

 試験走行が実施されるのは12月29日および30日、来年1月5日、6日の終電後。自動列車運転装置(ATO)を使って山手線上を一周させ、加速・減速といった車両制御やその際の乗り心地の確認などを行うという。

 ただ、安全面などの課題もあり、実際に自動運転で営業運転を行う予定はまだ立っていないようだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
「運転を楽しむ」日本人ドライバーは43%、下落傾向 2018年11月28日
自動運転技術を使って「新車の匂い」を消す技術、フォードが特許を申請 2018年11月26日
真空チューブでない現実的な高速交通システム、コロラド州での導入が検討される 2018年03月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJR東日本自動運転山手線

「運輸・物流・鉄道」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース