ローソン、揚げたてを提供する「できたてからあげクンロボ」を開発

2018年12月5日 11:43

小

中

大

印刷

できたてからあげクンロボ。(画像:ローソン発表資料より)

できたてからあげクンロボ。(画像:ローソン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ローソンが店内調理する鶏肉の量はからあげクン換算で年間約20億個だそうである。これを揚げたてのよりおいしい状態で提供するべく、ローソンは自動調理マシン「できたてからあげクンロボ」を開発した。このマシンは、デジタル技術を駆使して調理時間を従来の5分の1に短縮することができるという。

【こちらも】ローソン、糖質少なめで人気の「ブランパン」をリニューアル 新商品も

 クリスマスシーズンに向けて開発したとのことではあるが、流石に今年のクリスマスまでに全国のローソンに配備、というわけではなく、差し当たっては東京都品川区のローソンTOC大崎店に設置され、顧客ニーズの検証などを行っていくという。

 期間は2018年12月11日から12月28日まで。時間は10:00~21:00(11日~16日は10:00~17:00)。ただし状況により変更される可能性もある。

 ロボットの仕様は、サイズがとさか部分を除いて幅60cm×奥行59.45cm×高さ153.8cm、提供メニューはからあげクンの、レギュラー・レッド・チーズの3種類。

 なお、先に20億個と言ったが、重量で言うと年間4万トンだ。1986年の販売開始以来33年間で累計販売数は30億食を突破している「からあげクン」をはじめ、2009年に登場した「Lチキ」、2017年に誕生した「でか焼鳥」など、ローソンは鶏肉のフライドフーズ(店内調理・カウンター提供品)に力を入れており、フライドフーズとしての鶏肉の販売量は、日本で最大規模である。

 できたてからあげクンロボの実際の運用であるが、まずはカウンターで注文し、空のパッケージを受け取る。次にマシンのバーコード読み取り機にパッケージ裏のバーコードをスキャンする。パッケージを組み立て、マシンの扉を開け、ボックス内にセット。すると、調理後出来上がったからあげクンが自動でパッケージ内に投入されるので、それを扉を開けて取り出す。

 なお、将来的にはさらに全自動化を目指すとのことである。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードロボットクリスマス

広告

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース