ファンデリ―は食育の媒体「串カツでわかるたべもののはたらき」を制作

2018年12月4日 16:03

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

ファンデリ―<3137>(東マ)は、串カツ田中が店舗に設置する食育の媒体「串カツでわかるたべもののはたらき」を制作し、12月5日(水)より、 全国の「串カツ田中」の店舗に展開する。

ファンデリ―<3137>(東マ)は、串カツ田中が店舗に設置する食育の媒体「串カツでわかるたべもののはたらき」を制作し、12月5日(水)より、 全国の「串カツ田中」の店舗に展開する。[写真拡大]

写真の拡大

■12月5日(水)より 全国の「串カツ田中」の店舗に展開

 ファンデリ―<3137>(東マ)は、串カツ田中が店舗に設置する食育の媒体「串カツでわかるたべもののはたらき」を制作し、12月5日(水)より、 全国の「串カツ田中」の店舗に展開する。

 同社は串カツ田中の串カツメニューに着目し、子供向けに串カツの選び方をアドバイスする食育媒体「串カツでわかるたべもののはたらき」を制作した。

 串カツメニューに使用されている食材を栄養素の特徴により三色のグループに分け、三色をそろえるような食材選びを心がけることで健康的な食生活を自然と意識できるようにデザインした。食べ物のはたらきを学びながら、様々な串カツを食べることで、好き嫌いをなくし、偏りなく食事をすることを目的とした。

 また、同社の管理栄養士大浦あかねさんが考案した「串カツぶり」が、2018年12月5日(水)より全国の串カツ田中店舗にて販売される。

 今回のコラボレーションにより、全国200店舗を超える串カツ田中の店舗に同社が制作した食育の媒体が展開されることで、健康意識の高いファミリー層に向け、『ミールタイム』の認知度向上が期待できる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告