韓国、開発中の液体燃料ロケット向けエンジン試験に成功

2018年12月4日 09:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 韓国科学技術情報通信部が11月28日、開発中の液体燃料ロケット「KSLV-Ⅱ」(ヌリ号)のエンジン試験用ロケットの打ち上げを行った(産経新聞中央日報AFP)。

 今回試験されたエンジンはヌリ号の2段目に使われる予定のもので、高度209kmにまで到達、燃焼時間も目標だった140秒を上回る151秒を達成している。その後ロケットは韓国南部・済州島の南東沖に落下したとのこと。

 ヌリ号は3段式のロケットで、2021年の打ち上げを予定している。600~800kmの地球低軌道に1.5トン級の実用衛星を打ち上げることができるとされている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
韓国の次世代ロケット「KSLV-Ⅱ」、開発の第1段階が完了 2015年08月05日
韓国、人工衛星の打ち上げに成功 2013年01月31日
韓国の人工衛星搭載ロケット「KSLV-1」、打ち上げ失敗 2010年06月14日
韓国の人工衛星打ち上げロケット「羅老」、ロケットの打ち上げには成功するも衛星の軌道投入は失敗 2009年08月27日
今年7月韓国が人工衛星を搭載してロケットを発射 2009年04月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国ロケット

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース